銚子市(読み)ちょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銚子〔市〕
ちょうし

千葉県北東端,利根川河口にのぞむ水産都市。 1933年本銚子 (もとちょうし) ,銚子,西銚子の3町と豊浦 (とようら) 村が合体して市制。さらに,54年船木 (ふなき) ,椎柴 (しいしば) の2村,55年豊里 (とよさと) 村,56年豊岡 (とよおか) 村をそれぞれ編入。江戸時代,東北地方の物資を江戸に送る海運と利根川水運との接点にあたり,物資の積替え港として発展。明治時代末期から沖合い・遠洋漁業の根拠地として発展し,39年に銚子漁港が完成。現在市内には二大醤油醸造工場があり,缶詰製造も盛ん。 62年銚子大橋が完成し,茨城県側との商業活動が活発化した。付近には犬吠埼屏風ヶ浦など雄大な海岸景勝地があり,水郷筑波国定公園に属する。馬場町にある円福 (えんぷく) 寺は重要文化財の (にょう) を所蔵。 JR総武本線,成田線,国道 126号線が通じる。面積 84.19km2。人口 6万4415(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銚子市の関連情報