コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銷金 ショウキン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐きん〔セウ‐〕【×銷金】

金属を溶かすこと。また、溶かした金属。
金銭を浪費すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうきん【銷金】

金属をとかすこと。
文様に金箔きんぱくを散らすこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の銷金の言及

【印金】より

…布帛に型を用いてにかわ,漆,のりなどの接着剤を置き,その上に金箔を施すか,もしくはにかわなどを混ぜた金泥を直接型で押すかして文様を表したものをいう。中国では銷金(しようきん)といい,長沙の馬王堆1号漢墓から〈金銀印花紗〉などの作例が出土しており,漢代からの加飾技術の一つであったことが知られている。日本には中世末から近世にかけて輸入された中国元・明代のものが多少残っており,今日名物裂(めいぶつぎれ)として珍重されている。…

※「銷金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銷金の関連キーワード印金文様金属

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android