鋏状価格差(読み)ハサミジョウカカクサ

デジタル大辞泉「鋏状価格差」の解説

はさみじょう‐かかくさ〔はさみジヤウ‐〕【×鋏状価格差】

独占的な産業部門と非独占的な産業部門との製品価格の差が、物価指数のグラフ上でを開いたような形にしだいに拡大すること。特に、工業製品価格と農産物価格との間でみられる。シェーレ。きょうじょうかかくさ。

きょうじょう‐かかくさ〔ケフジヤウ‐〕【×鋏状価格差】

はさみじょうかかくさ(鋏状価格差)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「鋏状価格差」の解説

はさみじょう‐かかくさ はさみジャウ‥【鋏状価格差】

〘名〙 農産物価格と工業品価格との動きに差が生じ、前者に比して後者が相対的に高くなり、これを物価指数によってグラフ化すれば鋏を開いたように図示される状態となること。シェーレ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鋏状価格差の言及

【シェーレ】より

…鋏(はさみ)状価格差と訳される。〈シェーレ〉は〈鋏〉という意味であるが,経済学の用語として用いられるときにはつぎのような意味をもつ。…

※「鋏状価格差」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android