コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物価指数 ぶっかしすう price index

翻訳|price index

7件 の用語解説(物価指数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物価指数
ぶっかしすう
price index

物価の変動をとらえるために作成される指数。卸売物価指数小売物価指数消費者物価指数輸出入物価指数などの各指数として発表される。その目的としては一般に総合的な景気の動向をとらえ,当該分野における商品の需給の状態を知り,貨幣の購買力の測定を行い,デフレーターとしての役割を果すことがあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶっか‐しすう【物価指数】

物価水準の変動を示す総合的な指数。基準年次の物価を100とし、以後の各年次の物価をそれに対する数値で表す。卸売物価指数消費者物価指数など。INP(index number of prices)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

物価指数【ぶっかしすう】

一定の期間における財やサービスの価格変動を統計的に測定した指数。ふつう基準時を100として示す。対象により,企業物価指数(旧称は卸売物価指数),消費者物価指数小売物価指数などに分けられ,また個々の商品についての単一物価指数と,それを総合した総合物価指数とがある。
→関連項目指数

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

物価指数

物価の水準を測るための指数。ある時点を基準とし、その後の物価がどう変動したかを示す。物価指数を算出するには、5年ごとに代表的な品目を選出し、その個々の取引額に応じたウエートを掛けて加重平均を出す、という方式がとられている。 代表的な物価指数に、卸売物価指数と消費者物価指数があり、景気動向の分析にも用いられている。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっかしすう【物価指数 price index】

市場で取引される複数個の財・サービスの価格の時間的,場所的な相対的増減を総合的に示す指標を物価指数という。どのような取引段階ないし部面での物価を測定するかによって,卸売物価指数,小売物価指数,消費者物価指数,貿易物価指数,株価指数などに分かれる。 物価指数を算定する方式(物価指数算式)としては,つぎの四つが有名である。(1)ラスパイレス算式(略称L式) pi0を基準年次の第i番目の財・サービスの価格,qi0を同じく数量とし,pi1,qi1をそれぞれ比較年次の第i番目の財・サービスの価格,数量とすれば,L式による物価指数PLは,基準年次の数量が比較年次においても取引されるという考えに基づき,として計算される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶっかしすう【物価指数】

物価の変動を総合的に示すための指数。ある場所におけるある時点の財・サービスの価格を基準(普通100)として、その後の動きを基準時との比較で示す。 INP 。 → 卸売物価指数消費者物価指数

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物価指数
ぶっかしすう
price indexindex number of prices

ある経済活動分野についての総合的な物価水準を、ある年次(基準時点)のものを100とした指数によって表したもの。物価の動きを時系列的に観察し、あるいは地域的に比較するための指標であり、いろいろな政策立案のため、または種々の経済指標を実質化する際のデフレーター(価格修正因子)としての用途などに重要である。わが国においては現在、指数算出の対象の相違によって、卸売物価指数、小売物価指数、消費者物価指数、輸出入物価指数、工業製品物価指数、農村物価指数、料金指数、市街地価格指数などが作成されている。
 物価指数は、各商品・サービスについての価格系列を、基準時点を100として表した価格指数を基礎として作成されるが、主として加重平均の仕方の相違によっていくつかの異なる算式がある。
 n種の財貨に対する価格を総合した物価指数を作成するとして、基準時点oおよび指数作成時点(比較時点)tにおける各財の価格をそれぞれp1o,p2o,……,pnoおよびp1t,p2t,……,pntとし、また、それぞれに対応する取引高をq1o,q2o,……,qnoおよびq1t,q2t,……,qntとする。ここで、ウェイトとして基準時点の取引高を用いる算式はラスパイレス式(ラス式)とよばれ、ウェイトとして逆に比較時点の取引高を用いる算式はパーシェ式(パー式)とよばれる。すなわち、ラス式物価指数ILは、

であり、パー式物価指数IPは、

として算出される。ラス式物価指数ILは、基準時点で購入していた財の組合せ(バスケット)と同じものを比較時点で買ったとしたらどれだけの金額になるかを比較したもの、いいかえると、物価水準(個々の財貨の価格)が変化しているなかで、基準時点で得ていたと同水準の満足を比較時点で得るためにはどれだけの支出を要するかを比較するものである。これに対してパー式物価指数IPは、比較時点で購入しているものと同じものを基準時点で買ったと仮定した場合にいくらになるかの比率を示すもの、いいかえると、比較時点におけるのと同水準の満足を得るためには基準時点ではどれだけの支出が必要であったかの比率を示すものである。
 ラス式ではウェイトを基準年次のものに固定して毎年次の価格のみの調査で算出できるため便宜であるのに対し、パー式では指数算定年次ごとにウェイトを置き換えて算出せねばならない不便がある。また、比較時点における真の物価指数Iを、

とするならば、消費者行動の理論より、ILはIの上限となり、IPはIの下限となることが示される。
 以上のラス式、パー式のほかに、両時点間の消費構成の変動をも考慮するものとして提示されたエッジワース算式

がある。さらに、指数算定のある合理的テストに適合するものとしてI・フィッシャーは、ラス式とパー式とを幾何平均した算式

を「理想算式」として提示したが、算式の意味が不明確なこともあり、今日では指数時系列の接合の際などに用いられるにとどまっている。
 これらの指数算式のうち、意味の明確さ、毎年次における算出の容易さなどから、今日ではラスパイレス算式がもっとも広く用いられている。[高島 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の物価指数の言及

【指数】より

… 指数が効果をあらわすのは,いくつかの数値の系列を総合して一つの系列にまとめ上げる場合である(ただ一つの数値の系列を指数化することは簡単であり,そうすることは有効数字の多い統計をわかりやすく表現したりする場合にしか意味をもたないであろう)。例えば,消費者物価指数のように,消費者が購入する多数の財・サービスの小売価格から一つの集計された指数をつくる場合がそうである。このときには,計測された価格データをそのまま平均するわけにはいかないから,まず各価格をそれぞれの基準年次の価格に対する比率に直し,その後にそれらを何らかの形で平均するという方法が用いられる。…

※「物価指数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

物価指数の関連キーワード貨幣経済循環ユーロ・マネー未公開株企業向けサービス価格指数アービトラージ自然独占売買単価パーシェ指数貿易・サービス収支

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

物価指数の関連情報