コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋭尖 えいせん

大辞林 第三版の解説

えいせん【鋭尖】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
先端が鋭くとがっている・こと(さま)。尖鋭。 「其の横切面は-なる三角形を作さん/日本風景論 重昂

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鋭尖の関連キーワードイブキトラノオ(伊吹虎の尾)ハウチワカエデ(羽団扇楓)ルイヨウボタン(類葉牡丹)カラコギカエデ(唐子木楓)ミヤマハンノキ(深山榛木)ハマジンチョウ(浜沈丁)カノコユリ(鹿の子百合)ヤシャブシ(夜叉五倍子)イワナンテン(岩南天)ホンゴウソウ(本郷草)ギンヨウジュ(銀葉樹)スハマソウ(州浜草)オオバナエンレイソウシモバシラ(霜柱)ヤマテリハノイバラナナカマド(七竈)ケイトウ(鶏頭)ミズナラ(水楢)ニワウメ(庭梅)イヌガシ(犬樫)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android