コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯牙 しがtooth germ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歯牙
しが
tooth germ

歯胚ともいう。歯の原基で,胎生6週頃に将来,歯ぐきになる部分の口腔上皮が肥厚し,乳の数だけ膨隆する。やがて杯状のエナメル器となり,内部に歯乳頭ができ,歯小嚢がそれを包む。その頃には永久歯の原基もできはじめる。増大した歯は石灰化期に入り,エナメル器からエナメル質が,歯乳頭から歯髄象牙質が,歯小嚢からセメント質歯根膜歯槽骨が発生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐が【歯牙】

歯と牙(きば)。また、歯。
言葉。口先。
「暗殺攘夷の論は固(もと)より―に留るに足らず」〈福沢文明論之概略

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しが【歯牙】

歯と牙きば。歯。
ことば。口の端
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

歯牙の関連キーワードヒイラギナンテン(柊南天)スズカケノキ(篠懸の木)カニコウモリ(蟹蝙蝠)ケネディ分類(法歯学)クロクモソウ(黒雲草)ウスバタケ(薄歯茸)ミズヒキモ(水引藻)コウチュウ(鉤虫)シマイズセンリョウヒナゲシ(雛罌粟)セイヨウヒイラギギガントピテクスラムフョルト指数ヌマゼリ(沼芹)歯牙にも掛けないシナノナデシコセイロンスグリウラジロアカザミチバタガラシシュウブンソウ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歯牙の関連情報