コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦袋円 キンタイエン

デジタル大辞泉の解説

きんたい‐えん〔‐ヱン〕【錦袋円】

江戸時代の宝永年間(1704~1711)に、江戸下谷の勧学屋が売り出した丸薬痛み止め気付け毒消しなどに用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんたいえん【錦袋円】

江戸時代、江戸下谷の勧学屋で売った丸薬。毒消しと気付けの薬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

錦袋円の関連キーワード了翁道覚江戸時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android