コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋島治茂 なべしま はるしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋島治茂 なべしま-はるしげ

1745-1805 江戸時代中期-後期の大名。
延享2年8月4日生まれ。肥前佐賀藩主鍋島宗茂(むねしげ)の10男。鍋島直郷(なおさと)の養子となり,宝暦13年肥前鹿島(かしま)藩(佐賀県)藩主鍋島家5代。本藩佐賀藩の世子が早世したため,明和7年佐賀藩主鍋島家8代となる。天明元年藩校弘道館をつくった。文化2年1月10日死去。61歳。初名は直煕(なおひろ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

鍋島治茂 (なべしまはるしげ)

生年月日:1745年8月4日
江戸時代中期;後期の大名
1805年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

鍋島治茂の関連キーワード石井鶴山鍋島直与生年月日大塚松処鍋島斉直鍋島直煕鍋島直彝後期

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android