片山北海(読み)かたやま ほっかい

美術人名辞典の解説

片山北海

江戸中期の儒者・漢詩人。越後生。名は猷、字は孝秩、通称は忠蔵、別号は孤雲館。京都に遊学して宇野明霞に学んだ後、大坂に移り鳥山菘岳と共に大坂詩壇の中心的存在となった。佐々木魯庵の発起で大坂の詩人を結集した詩社混沌社が結成されると、推されて盟主となった。木村蒹葭堂平沢旭山・佐々木魯庵等多くの門人を育てた。寛政2年(1790)歿、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

片山北海【かたやまほっかい】

江戸中期の儒学者。越後の人。名は猷(ゆう),字は孝秩(こうちつ)。宇野明霞(めいか)の門人。京都相国(しょうこく)寺の学僧大典(顕常(げんじょう))と協力して,師の遺著を整理刊行した。明霞の没後大坂に下り,同地で詩社〈混沌社〉を結ぶ。多くの反徂徠(そらい)学の学者や詩人を育成したが,著述を好まず《北海文集》《混沌社詩稿》などは弟子の編集にかかる。同時期に京に江村北海,江戸に入江北海がおり,片山北海と合わせて三北海という。→頼春水尾藤二洲
→関連項目木村蒹葭堂

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山北海 かたやま-ほっかい

1723-1790 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)8年1月10日生まれ。京都で宇野明霞(めいか)にまなぶ。明霞没後は大坂にうつり,塾をひらいた。明和2年(1765)から漢詩の結社混沌社を主宰。尾藤二洲(じしゅう)らと交友があった。寛政2年9月22日死去。68歳。越後(えちご)(新潟県)出身。名は猷。字(あざな)は孝秩。通称は忠蔵。別号に孤雲館。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かたやまほっかい【片山北海】

1723‐90(享保8‐寛政2)
江戸中期の儒者。越後の人。名は猷,字は孝秩,通称忠蔵,北海は号。18歳の時京都に出て,宇野明霞(1698‐1745)について学んだ。明霞は荻生徂徠の儒学説を上方で最初に講じた儒者である。1745年(延享2)明霞の没したのを機に大坂に下り,以後終生大坂に住して,儒学と詩文の教授を業とした。刊行された著述はないが,混沌社(こんとんしや)を主宰したことで聞こえる。これは64年(明和1)に結成された詩社で,同人が集まって漢詩文を作り,批評し合った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かたやまほっかい【片山北海】

1723~1790) 江戸中期の儒者・漢詩人。越後の人。大坂で塾を開き、多くの門弟を集めた。詩文をよくし、混沌社を組織。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片山北海
かたやまほっかい

[生]享保8(1723)
[没]寛政2(1790)
江戸時代中期の儒学者。大坂に住み,門人 3000人という。詩をよくし,渾沌社を設け,江戸の入江北海,京都の江村北海とともに三都の北海といわれた。著書『孤雲館雑記』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

片山北海 (かたやまほっかい)

生年月日:1723年1月10日
江戸時代中期の儒学者;漢詩人
1790年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android