コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍔・鐔 つば

大辞林 第三版の解説

つば【鍔・鐔】

刀剣の柄つかと刀身との境目に挟み、柄を握る手を保護する板。形・大きさとも種々ある。刀身を通す茎孔なかごあながあけてある。多く鉄製であるが銅でもつくる。つみは。
帽子のまわりに庇ひさしのように出ている部分。 「 -の広い帽子」
かまのまわりに庇のように出ていて、かまどの縁にかかるようになっている部分。

つみは【鍔・鐔】

「つば(鍔)」の古名。 「復た剣つるぎの-より垂したたる血、激越そそきて神と為る/日本書紀 神代上訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鍔・鐔の関連キーワードかまど古名刀剣刀身

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android