コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍛造工具 たんぞうこうぐforging tool

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鍛造工具
たんぞうこうぐ
forging tool

鍛造,特に自由鍛造に用いる工具類の総称。次のようなものがある。 (1) 金敷 anvil block 鋳鋼または軟鋼 (表面に硬鋼が鍛接されている) 製の台で,赤熱した素材を槌打ちするのに用いる。 (2) はちの巣 swage block 種々の形状の穴や溝をもつ四角形の鋳鉄製ブロックで,穴あけや曲げ作業のときに下型として使用される。 (3) へし set hammer こて状の工具で,伸ばした素材の表面をならすときに用いる。 (4) タップ tap 素材を円その他の断面形状に加工する工具。通常上下2つ割りになっている。 (5) せぎり necking tool 素材の一部に段つけする場合に用いる工具。このほかに, (たがね) ,ハンマ,穴あけ用のポンチ,赤熱素材をつかむやっとこ,寸法をはかるパスなども鍛造工具に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

鍛造工具【たんぞうこうぐ】

鍛造に用いられる工具。手鍛造用の工具には金敷(かなしき),手用ハンマー,鍛造品をはさむ各種のはし(やっとこ),鍛造品を平面にならしたり穴をつけたりする各種のへしなどがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

鍛造工具の関連キーワード平へし圧し

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android