コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たがね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


たがね

工具の一種。木工用の (のみ) に似たもので金属の加工に用いられる。ハンマーでたたきながら平面を削ったり薄い材料を切断したりする平鏨,溝や穴を削る烏帽子鏨のほか,特殊な細工用鏨など種類が多い。また古墳時代の短冊状の鉄斧を「たがね」と呼ぶが,これは木工具の一種で,伐採や物を打割るときに用いられたと思われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たがね【×鏨/×鑽】

金属を切断したり削ったりするのに用いる鋼鉄製の手工具。木工に用いる鑿(のみ)にあたる。丸・角・平などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鏨【たがね】

金属の切断,岩石の穿孔(せんこう)等に使用される鋼製の工具。先端に刃形をもち,後部をハンマーでたたく。刃形の平形の平鏨,円形の丸鏨等がある。
→関連項目金工具

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たがね【鏨】

金属を切断したり、彫ったり、削ったりするのに用いる工具。石を割るのにも用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鏨の関連情報