コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たがね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


たがね

工具の一種木工用の (のみ) に似たもので金属の加工に用いられる。ハンマーでたたきながら平面を削ったり薄い材料を切断したりする平鏨,溝や穴を削る烏帽子鏨のほか,特殊な細工用鏨など種類が多い。また古墳時代の短冊状の鉄斧を「たがね」と呼ぶが,これは木工具の一種で,伐採や物を打割るときに用いられたと思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たがね【×鏨/×鑽】

金属を切断したり削ったりするのに用いる鋼鉄製の手工具。木工に用いる鑿(のみ)にあたる。丸・角・平などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鏨【たがね】

金属の切断,岩の穿孔(せんこう)等に使用される鋼製の工具。先端に刃形をもち,後部をハンマーでたたく。刃形の平形の平鏨,円形の丸鏨等がある。
→関連項目金工具

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たがね【鏨】

金属を切断したり、彫ったり、削ったりするのに用いる工具。石を割るのにも用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鏨の関連キーワード石製模造品のみ(鑿)鋤き出し彫斫り・削り海野勝珉栗原信充ルプッセ平岩弓枝透かし彫東京彫金片切り鏨加納夏雄毛彫り鏨水戸彫押出仏蹴彫りすし桶魚々子石目鏨蹴り彫

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鏨の関連情報