コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金敷 かなしき

百科事典マイペディアの解説

金敷【かなしき】

鉄砧(床)(かなとこ)とも。鍛造用の工具。材料を載せてハンマーでたたき鍛造や板金作業を行う台で,鋳鋼または鍛鋼製。とがった角(つの)(鳥口ともいう)が片側または両側にある。
→関連項目金工具鍛造工具

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金敷
かなしき

鍛冶屋(かじや)、町工場その他機械工場などで鍛造や板金作業を行うとき、工作する材料をのせ、ハンマーでたたいて加工するための台。金床(かなとこ)ともいう。鋳鉄または鋳鋼製で、加工するものをのせる平らな部分と、つの(鳥口)からできている。つのは片側だけのものと、両側にあるものとがある。金敷は、小物を手作業で鍛造するとき、または板を曲げたりするときに用いられる。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金敷の関連キーワードロス(Henry Roth)かなとこ(鉄砧)雲闇の中に横たわりてソフィーの選択ミーワッシュアースガルズマンガン鋼スタイロンダイス鋼鉄床雲鍛冶屋刀鍛冶蜂の巣鉄砧

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android