硬鋼(読み)コウコウ

  • こうこう カウカウ
  • こうこう〔カウカウ〕

百科事典マイペディアの解説

炭素含有量0.36〜0.50%の炭素鋼焼入れしてシャフト,レールなどに使用。炭素量0.29〜0.35%のものは半硬鋼,0.51〜0.70%のものは最硬鋼と呼ぶ。→軟鋼
→関連項目降伏点

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 炭素の含有量の多い鋼。〇・四~〇・五パーセントの炭素を含む構造用鋼は、船舶外装、シリンダー、レールなどに用いられ、〇・四~一・〇パーセントを含む硬鋼線は、ワイヤロープ、スプリング線、ピアノ線などに用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android