硬鋼(読み)こうこう

精選版 日本国語大辞典「硬鋼」の解説

こう‐こう カウカウ【硬鋼】

〘名〙 炭素含有量の多い。〇・四~〇・五パーセントの炭素を含む構造用鋼は、船舶外装、シリンダーレールなどに用いられ、〇・四~一・〇パーセントを含む硬鋼線は、ワイヤロープ、スプリング線、ピアノ線などに用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「硬鋼」の解説

硬鋼【こうこう】

炭素含有量0.36〜0.50%の炭素鋼焼入れしてシャフト,レールなどに使用。炭素量0.29〜0.35%のものは半硬鋼,0.51〜0.70%のものは最硬鋼と呼ぶ。→軟鋼
→関連項目降伏点

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報