鍾嶸(読み)しょうこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「鍾嶸」の解説

鍾嶸
しょうこう
(469?―518?)

中国、梁(りょう)の文人。字(あざな)は仲偉(ちゅうい)。潁川(えいせん)長社(河南省長葛(ちょうかつ)県)の人。斉(せい)の永明年間(483~493)に国子生となり、国士祭酒の王倹(おうけん)にその才能を愛された。とくに『周易』に精通し、文章にも長じていたという。斉の明帝の建武(494~497)初年に南康王侍郎(じろう)となり、その後、司徒行参軍(しとこうさんぐん)等を経て、斉の晋安(しんあん)王(後の簡文帝)の記室参軍となったが、まもなく没した。漢より梁初までの詩人122人の詩を上・中・下の三品に格づけして論評を加えた著書『詩品(しひん)』3巻は、劉勰(りゅうきょう)の『文心雕竜(ぶんしんちょうりょう)』とともに中国文学評論史上、重要な位置を占めている。

[根岸政子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鍾嶸の言及

【詩品】より

…《詩品》の名を持つ書には2種ある。一つは南朝梁の鍾嶸(しようこう)の著した《詩品》3巻で,6世紀前半に世に出た。これは漢から梁に至る代表的な五言詩の詩人123人を,上中下の品第に格づけして論評を加えたもの。…

【中国文学】より

…全文が四六文で書かれている。鍾嶸(しようこう)の《詩品(しひん)》は漢以来300年間の五言詩作家の系統的な一覧表だが,個々の作家に対する当時の評価の高低が示され,貴重な資料である。2書とも6世紀の初めの著作であった。…

※「鍾嶸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android