詩品(読み)しひん

日本大百科全書(ニッポニカ)「詩品」の解説

詩品
しひん

中国、梁(りょう)の鍾嶸(しょうこう)の詩論書。3巻。書名はもと『詩評』といわれたらしいが、いまはもっぱら『詩品』の名で知られる。漢より梁初までの詩人123人の五言詩を上・中・下の三品に格づけして批評を加えたもので、簡潔に各人の詩の源流と特色とを論じている。収録の詩人の生年卒年により、制作年代は513年以降と考えられる。その序文で彼自身の文学論を述べ、詩は性情を本として興趣を主とすべきであるとの考えにたち、五言詩の隆盛をみた魏(ぎ)の建安期(196~220)の文学を高く評価し、故事を過度に用いたものや、当時盛んであった音調を重んじる詩風を批判している。その評価については後世異論もあるが、後の詩歌の批評に大きな影響を与え、劉勰(りゅうきょう)の『文心雕竜(ぶんしんちょうりょう)』とともに中国文学評論史上、重要な位置を占める。

[根岸政子]

『興膳宏訳「詩品」(『中国文明選13』所収・1973・朝日新聞社)』『高木正一訳『鍾嶸詩品』(1978・東海大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「詩品」の解説

詩品
しひん
Shi-pin

中国,六朝時代の詩論書。の鍾嶸(しょうこう。469頃~518頃)の著。3巻。天監17(518)年頃成立。原名は『詩評』。代から『詩品』と呼ばれた。『古詩十九首』およびから梁までの詩人 122人を上中下 3等に格づけして品評したもの。『古詩十九首』と曹植陸機謝霊運ら 11人を上品陶淵明鮑照謝朓ら 39人を中品,曹操応璩ら 72人を下品とし,詩人を時代順に配列しおのおのその源流を定め,詩の特色を述べ,鋭くかつ緻密な評価を加えている。その基準はに述べられているが,気骨,個性,情熱を重んじ,古詩と曹植とを最も高く評価する。中国詩論書の最初のもので,劉勰の『文心雕竜』と並んで,中国文学評論史上,最重要の書。日本にも早くから伝えられ,『古今和歌集』序はその影響を受けているといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「詩品」の解説

し‐ひん【詩品】

[1] 〘名〙 詩の品位、品格。
※如是放語(1898)〈内田魯庵〉「詩品(シヒン)優尚辞藻豊麗にして佳篇名汁湧くが如く」 〔元好問‐自題中州集後五首之一〕
[2] 書名。
[一] 梁の鍾嶸(しょうこう)(=字は仲偉)撰。三巻。漢魏以降の五言古詩を上中下の三品に分けて論評したもの。
[二] 晩唐の司空図の撰。一巻。詩の品格を二四に分け、論じたもの。「詩品二十四則」「二十四詩品」とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「詩品」の解説

しひん【詩品 Shī pǐn】

中国の文学理論の書。《詩品》の名を持つ書には2種ある。一つは南朝梁の鍾嶸(しようこう)の著した《詩品》3巻で,6世紀前半に世に出た。これは漢から梁に至る代表的な五言詩の詩人123人を,上中下の品第に格づけして論評を加えたもの。五言詩の繁栄を背景として書かれた評論だが,当世風技巧に走った詩は好まれず,漢・のころの骨っぽいたくましさに溢れた古典的な詩風が慕されている。最初の本格的な詩論として重要な意義を有し,後世の〈詩話〉のとされて,文学評論史の上に大きな位置を占める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の詩品の言及

【五言詩】より

…しかしその反面,屈曲した個人感情,錯雑した事物の姿,激烈な悲喜の情などの表現には,適した形式と言い得る。この点,梁の鍾嶸(しようこう)が《詩品》序において〈五言は文学表現の中枢を占め,多くの文学形式の中では滋味豊かなものである。それゆえ,世俗の歓迎を受けたのである。…

【司空図】より

…唐末の戦乱を避けて隠居するが,唐が滅ぶと絶食して死んだ。その著《詩品》は四言詩を用いて〈雄渾〉から〈流動〉まで24種の美的範疇を詠述する。現存する数少ない唐代の詩論書で,厳密な理論体系こそ持たないが,南宋の厳羽や清の王士禎(おうしてい)などの後世の詩論はもちろん,画論や書論にも大きな影響を与えた。…

【中国文学】より

…全文が四六文で書かれている。鍾嶸(しようこう)の《詩品(しひん)》は漢以来300年間の五言詩作家の系統的な一覧表だが,個々の作家に対する当時の評価の高低が示され,貴重な資料である。2書とも6世紀の初めの著作であった。…

※「詩品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android