初年(読み)ショネン

デジタル大辞泉の解説

しょ‐ねん【初年】

物事の初めの1年。第1年。
ある年代の初めのころ。「明治の初年

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょねん【初年】

最初の年。第一年。
ある期間の、はじめの頃。 「昭和-の文学」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐ねん【初年】

〘名〙
① ある物事をやりはじめた年。第一年。
※授業編(1783)三「京都の水菜(みづな)の種を他国にうゆるに初年(ショネン)にはいかにも京都の水菜なれども」
② ある期間のはじめのころ。〔延喜式(927)〕
※半日(1909)〈森鴎外〉「明治の初年に〈略〉月給十五円の腰弁当を拝命して」
③ 子が生まれてから初めての誕生日までの間。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉五月暦「男子の生れた家にては、初年(ショネン)の節句には、大抵、端午のお祝を行って男子の出世幸福を寿ぎ」

はつ‐とし【初年】

〘名〙 新しい年。新年。《季・新年》
※俳諧・毛吹草(1638)二「連歌四季之詞〈略〉初春 初年 若年、改年」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初年の関連情報