鎌先[温泉](読み)かまさき

世界大百科事典 第2版の解説

かまさき【鎌先[温泉]】

宮城県南部,白石市の温泉。蔵王山南東麓,東北本線白石駅の北西7kmにあって,バスの便がある。含ボウ硝食塩泉,32~49℃。慶長年間(1596‐1615)にはすでに知られており,特に外傷(刀傷)に効能があるため武士の利用が多く,〈奥羽の薬湯〉と評された。現在は農家の湯治客が多く,南蔵王への登山基地ともなっている。また北方1.5kmにある弥次郎集落は木地師の村で,〈弥次郎こけし〉の産地として知られる。【谷沢 明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鎌先[温泉]の言及

【白石[市]】より

…東北本線,東北新幹線,国道4号線,東北自動車道が通じ,宮城県南部の商業中心地であり,近世以来の伝統をもつ製粉,うーめん,春雨などの食品工業や縫製,電子,ナイロンなどの工業も行われる。蔵王観光の基地であり,西部に鎌先温泉(含ボウ硝食塩泉,32~49℃),小原温泉(単純泉,50℃)がある。鎌先に近い弥次郎(やじろう)集落はこけしの産で名高い。…

※「鎌先[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android