コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥羽 オウウ

大辞林 第三版の解説

おうう【奥羽】

陸奥むつ国と出羽国。現在の東北地方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の奥羽の言及

【出羽国】より


【古代】
 東山道に属する上国(《延喜式》)。北から東,南東部まで陸奥国に接し,陸奥国とともに奥羽(おうう)と総称され両国の一体関係は強かった。政治的には721年(養老5)以来陸奥按察使(むつのあぜち)の統轄下に属し,軍制上も陸奥多賀(たが)城のちには胆沢(いさわ)城に置かれた鎮守府の指揮下にあった。…

【東北地方】より

…大化改新以後,日本海側に出羽国,太平洋側に陸奥国がつくられ,東山道に属した。両国の総称として奥羽,あるいは奥州と呼ばれたこの地域は,当時の他の国々と比べ著しく大きな国で,その後12世紀にわたってこの2国制が続いた。古代の城柵は日本海側では高清水(現,秋田市),太平洋側では多賀城(現,宮城県多賀城市)に置かれ,蝦夷経営の拠点となった。…

※「奥羽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

奥羽の関連キーワード男鹿なまはげライン奥羽越列藩同盟巡察使[日本]吉田大八(1)正親町 公董『奥の細道』スノーパールちゅらひかりフクノハナ萌えみのり沢内〈村〉井川[町]まっしぐら北陸12号南部片富士後三年の役美郷[町]那須火山帯奥浄瑠璃浦賀奉行

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥羽の関連情報