コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡泊湖 きょうはくこ

2件 の用語解説(鏡泊湖の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鏡泊湖【きょうはくこ】

中国東北の黒竜江省南東部,松花江支流の牡丹江中流にある湖。面積95km2,長さ45km,最大幅6km,湖面の海抜351m。流出口は落差約20mの滝をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鏡泊湖
きょうはくこ / チンポーフー

中国、黒竜江(こくりゅうこう/ヘイロンチヤン)省南端の牡丹江(ぼたんこう/ムータンチヤン)上流部にある湖。牡丹江を溶岩流がせき止めてできた湖で、標高351メートルに位置し、6河川が流入する。長さ45キロメートル、最大幅6キロメートル、最大深度48メートル。富栄養湖で、コイ、フナが多く、ナマズ、モウコカワヒラ、ライギョや少量のサケ、マスを産する。11月中旬に結氷し、4月20日ごろ解氷。湖口に落差20メートルの吊水楼瀑布(ちょうすいろうばくふ)があり、満州国時代からの出力4万キロワットといわれる発電所がある。湖名は鏡を抱く竜の伝説による。[浅井辰郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏡泊湖の関連キーワード愛琿条約黒竜江省黒竜江松花江小興安嶺山脈嫩江牡丹江オロチョン長春哈爾賓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone