水力(読み)すいりょく(英語表記)water power; hydraulic power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「水力」の解説

水力
すいりょく
water power; hydraulic power

高い位置にある水は,その高さに比例するだけの位置のエネルギーをもっている。この水が落ちるときは運動のエネルギーを外部に与える。このような水のエネルギーを利用したときの動力を水力という。落下する水の勢いタービンを回し,電力を得る水力発電はその典型的な例である。また位置エネルギーを高さで表わした値をヘッドという。最近は人為的に高圧をかけた水を細隙孔 (スリット) から噴出させ,そのエネルギーで石やコンクリートなどを切る水力工法があるが,これは高圧にするため圧縮ポンプなど別の動力が必要なので,上記の意味の水力ではない。しかし水圧機械などとともに,水を用いる意味で広義には一種の水力利用である。水タービン,水圧機械,ポンプ類などを総称して水力機械という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「水力」の解説

すい‐りょく【水力】

〘名〙
① 水の力。水の勢い。すいりき。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉二「臼杵は〈略〉水車を用ゐ水力を仮るものあり」
② 水の運動エネルギーや位置のエネルギーを変換して得られる動力。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「次に水力仕掛の器械場に至る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android