鐘も撞木の当たりがら(読み)カネモシュモクノアタリガラ

デジタル大辞泉の解説

鐘(かね)も撞木(しゅもく)の当たりがら

鐘の音のよしあしは撞木の当たりぐあいによるところから》接し方しだいで反応も変わってくるということ。また、連れ添う相手しだいでよくも悪くもなるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かねもしゅもくのあたりがら【鐘も撞木の当たりがら】

〔鐘の音は撞木の当たり具合で変化する意〕
こちらの対応の仕方で、相手の出方も決まる。また、つきあう相手によって、良くも悪くもなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android