長カブ(読み)ながかぶ

世界大百科事典内の長カブの言及

【カブ(蕪∥蕪菁)】より

…関西地方や全国的に分布しているカブは,在来種群に属し,東北地方を中心として東日本一帯に分布するカブは西欧系品種群に属する。また,中間的な形質をもった小カブや長カブは,在来種群と西欧系品種群の栽培地帯の境界(関東付近)から発達してできたとみられている。また普通に栽培されているカブは,根の形から大カブ,中カブ,小カブなどに分けられるが,一般的にみると,関東では小カブが,関西では中,大カブが多く利用される。…

※「長カブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android