コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長俊 ちょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長俊 ちょうしゅん

?-1134 平安時代後期の仏師。
長円の子。大治(だいじ)4年に焼失し,まもなく再興された最勝寺五大堂の造仏に従事,翌年法眼となった。長承3年1月23日死去。名は長順とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長俊の関連キーワード倫祐(初代)観世元忠山中長俊観世長俊北ノ庄城榊原香山三日月藩9月8日恩納なべ一乗谷城観世信光富田長繁丸岡莞爾原田直政観世宗節前波吉継阿部正信観世流関長広森長記

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長俊の関連情報