長俊(読み)ちょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長俊 ちょうしゅん

?-1134 平安時代後期の仏師。
長円の子。大治(だいじ)4年に焼失し,まもなく再興された最勝寺五大堂の造仏に従事,翌年法眼となった。長承3年1月23日死去。名は長順とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長俊の関連情報