コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長俊 ちょうしゅん

1件 の用語解説(長俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長俊 ちょうしゅん

?-1134 平安時代後期の仏師。
長円の子。大治(だいじ)4年に焼失し,まもなく再興された最勝寺五大堂の造仏に従事,翌年法眼となった。長承3年1月23日死去。名は長順とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長俊の関連キーワードエコフィード志布志港打聞集ビクトリア湖東大寺要録院朝応源覚快法親王賢円藤原顕頼

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長俊の関連情報