コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長俊 ちょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長俊 ちょうしゅん

?-1134 平安時代後期の仏師。
長円の子。大治(だいじ)4年に焼失し,まもなく再興された最勝寺五大堂の造仏に従事,翌年法眼となった。長承3年1月23日死去。名は長順とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長俊の関連キーワード倫祐(初代)観世元忠丸岡莞爾富田長繁三日月藩山中長俊北ノ庄城9月8日恩納なべ一乗谷城観世信光原田直政榊原香山観世宗節観世長俊阿部正信前波吉継森長記観世流関長広

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android