長円(読み)ちょうえん

  • ちょうえん チャウヱン
  • ちょうえん〔チヤウヱン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]?
[没]久安6(1150).7.7.
平安時代後期円派仏師。大仏師勢の長男。長治2 (1105) 年尊勝寺造仏の賞で法橋,永久2 (14) 年父円勢らと白川九体堂の造仏に従って法眼となり,長承1 (32) 年法印に叙せられる。宮中公家の主要な造仏に従い,大治4 (29) 年には別当として清水寺堂塔を再興した。確証ある遺作はない。

楕円」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:久安6(1150)
生年:生年不詳
平安後期の円派系仏師。円勢の長男。京都の五条高倉に仏所を構え,主に皇族や公家の発願による造像を行った。長治2(1105)年に尊勝寺諸仏の造像で法橋に叙され,元永1(1118)年には白河新御願寺の造仏により法眼に,長承1(1132)年法荘厳院の造仏では法印に上った。造像界のみならず僧界にも勢力をのばし,大治4(1129)年には清水寺別当に就任し,さらに興福寺大仏師職をも望む(これは同寺の僧に反対されて果たせなかった)など,その政治力により円派に全盛期をもたらした。昭和63(1988)年に見出された仁和寺北院伝来の檀像薬師如来像は,康和5(1103)年に父円勢と合作した長円初期の作品である。<参考文献>田中嗣人「藤原時代の仏師たち」(『日本古代仏師の研究』),伊東史朗「仁和寺旧北院本尊薬師如来檀像について」(『仏教芸術』177号)

(浅井和春)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 二点からの距離の和が一定であるような点の軌跡。その二点が異なるとき、円を細長くしたような形になるところからいう。楕円。
※遠西観象図説(1823)下「尾星〈略〉は一種の游星にして、太陽を旋回す。然れども、其行圏甚だ長円にして、十二宮の行次に拠らず」
平安時代、永延(九八七‐九八九)頃の刀工。豊前の人。源義経が平家追討に際し帯びていた太刀が長円の作で「薄緑」と呼ばれたという。生没年不詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の長円の言及

【楕円】より

…平面上で,2定点F,F′からの距離の和が一定値であるような点によって描かれる図形を楕円,または長円といい,FとF′をその焦点という。1定値を2aとし,線分FF′の長さを2cとするとき,ec/a(<1)を離心率という。…

※「長円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長円の関連情報