大治(読み)タイジ

大辞林 第三版の解説

おおはる【大治】

愛知県北西部、海部あま郡の町。馬島流眼科の発生地で、明眼みようげん院がある。扇骨を特産。

だいじ【大治】

年号(1126.1.22~1131.1.29)。天治の後、天承の前。崇徳すとく天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

だいじ【大治】

日本の元号(年号)。平安時代の1126年から1131年まで、崇徳(すとく)天皇の代の元号。前元号は天治(てんじ)。次元号は天承(てんしょう)。1126年(天治3)1月22日改元。天然痘(てんねんとう)の流行を断ち切るために行われた。『河図挺佐輔』を出典とする命名。大治年間は、白河(しらかわ)上皇および鳥羽(とば)上皇による院政が行われた。1099年(承徳3)、関白の藤原師通(もろみち)の急逝後、朝廷の実権は白河上皇に移り、藤原氏による摂関政治は実質的に停止した。白河上皇は1086年(応徳3)、幼帝の堀河(ほりかわ)天皇に譲位することで、その後見として院政を開始したが、1107年(嘉承2)に堀河が崩御すると、その皇子(白河の孫)である5歳の鳥羽(とば)天皇を即位させ、同様に幼帝後見として院政を執り続けた。さらに、1123年(保安4)には、白河は鳥羽天皇に対して5歳の崇徳天皇への譲位を命じている。1129年(大治4)に白河が崩御すると、代わって崇徳天皇の父の鳥羽上皇が院政を開始した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大治の関連情報