コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長周期潮 ちょうしゅうきちょうlong-period constituent

海の事典の解説

長周期潮

潮汐の分潮の中で、半月程度以上の周期を有するものを長周期潮と呼ぶ。その主要なものは、太陰半月周潮(Mf分潮、周期327.86時間、係数 0.078)、太陰月周潮(Mm分潮、周期661.30時間、係数0.041)、太陽半年周期(Ssa分潮、周期4382.76時間、係数0.036)と 主として気象的な原因による太陽年周潮(Sa分潮、周期8765.82時間)である。ここで係数というのは、海面の凹凸が起潮力に静力学的に釣り合ったと したときの振幅(m)に対応する。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android