コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長山群島 ちょうざんぐんとう

2件 の用語解説(長山群島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長山群島
ちょうざんぐんとう

「チャンシャン (長山) 群島」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長山群島
ちょうざんぐんとう / チャンシャンチュンタオ

中国、遼寧(りょうねい/リヤオニン)省の遼東半島南東方の黄海上に浮かぶ島嶼(とうしょ)群。大長山島、小長山島、広鹿(こうろく)島、(しょうし)島、海洋島など50余りの島々からなり、長海(ちょうかい)県を構成し大連(だいれん/ターリエン)市に所属する。県政府は大長山島四塊石(しかいせき)鎮にある。人口8万8867(2000)。日露戦争後、第二次世界大戦末まで関東州の一部として日本の支配下にあった。周辺海域はよい漁場で、魚類、ナマコ、カキを産し、島ではラッカセイ、トウモロコシを産する。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone