コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長岡監物 ながおか けんもつ

3件 の用語解説(長岡監物の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

長岡監物

是容。肥後藩の老職。国政に任じ王事に尽力す。安政6年(1859)歿、47才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長岡監物 ながおか-けんもつ

1813-1859 江戸時代後期の武士。
文化10年2月11日生まれ。肥後熊本藩家老。実学党とよばれる藩政改革派の中心だったが,保守派の学校党との抗争に敗れ,弘化(こうか)4年免職。のちペリー来航の際,熊本藩の相模(さがみ)浦賀警備責任者となった。安政6年8月10日死去。47歳。本姓は米田(こめだ)。名は是容(これかた)。通称は別に源三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長岡監物

没年:安政6.8.10(1859.9.6)
生年:文化10.2.11(1813.3.13)
幕末の肥後藩(熊本県)家老。本姓米田,名は是容,通称源三郎。父は是睦。天保3(1832)年,20歳で国老を継ぎ,監物を襲名。禄1万5000石。横井小楠らと共に藩校時習館の改革に当たる一方,実学党と呼ばれる藩政改革派の中心となる。しかし弘化4(1847)年松井氏を中心とする保守派学校党との抗争に敗れ,家老を辞職。嘉永6(1853)年,藩の浦賀警備隊長として再起用され,江戸湾の防備に当たり在江戸諸藩中重きをなした。安政2(1855)年,開国論に転じた小楠と決別し,以後は実学党坪井派を率いた。明治天皇の侍従・子爵米田虎雄は次男。<参考文献>田尻稲里「故長岡監物氏の事蹟」(『史談会速記録』341)

(三澤純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長岡監物の関連キーワード臼杵秋房熊本県立大学熊本肥後豊後街道青田久米蔵米田虎雄細川立則

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長岡監物の関連情報