コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長岩鉱山 ながいわこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長岩鉱山
ながいわこうざん

岩手県大船渡市にある秩父小野田の石灰石鉱山。小野田セメント大船渡工場の原料鉱山として 1959年1月に開発に着工,1960年6月から出鉱。鉱区内および周辺は古生界石炭系上部層とペルム系下部層とが広く分布し,これらにひん岩脈が点在している。このうち後者が採掘の対象となっている。開発当初は露天グローリー=ホール法で採掘,1965年3月から全面的に階段採掘法に移行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

長岩鉱山の関連キーワード岩手県大船渡市岩脈

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android