コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階段採掘法 かいだんさいくつほう bench cut

2件 の用語解説(階段採掘法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

階段採掘法
かいだんさいくつほう
bench cut

1つまたは数個の水平なベンチ (階段) で採掘する方法。ベンチカット法ともいう。ベンチの高さは,使用する掘削機械または鉱床の状態によって異なるが,一般に5~20mぐらいで,10m程度のものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

階段採掘法【かいだんさいくつほう】

階段掘りとも。露天掘りの代表的な方法。剥土(はくど)後,地表から1段の高さ4〜25m,幅10〜25mの階段状に鉱床の採掘を進めるやり方。大型機械,大型車両が利用でき,大鉱床を能率的に採掘できるが,地形,地質などが適合していることが要件。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の階段採掘法の言及

【露天掘り】より

…とくに,世界第3位の生産量をあげている石灰石鉱山のほとんどが露天掘りである。
[露天掘りの方式]
 露天掘りは鉱床の性状によって最も適した方式が採用されるが,今日では,鉱床の頂部から階段状に採掘場を作って掘り下げる階段採掘法がもっとも普遍的である。日本の石灰石鉱山の多くは,鉱床が山地にあるため,山腹に大型機械類の登攀(とうはん)路を作って鉱床の頂部に至り,表土石をはぎとってから,高さ10m,幅20m以上程度の採掘ベンチを作って掘り下げるものが多い。…

※「階段採掘法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

階段採掘法の関連キーワード露天掘り芋掘り・藷掘り・薯掘り陸掘り総掘り手掘り布掘り根掘り葉掘り掻い掘り壺掘り上総掘りの技術

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone