階段採掘法(読み)かいだんさいくつほう(英語表記)bench cut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

階段採掘法
かいだんさいくつほう
bench cut

1つまたは数個の水平なベンチ (階段) で採掘する方法。ベンチカット法ともいう。ベンチの高さは,使用する掘削機械または鉱床の状態によって異なるが,一般に5~20mぐらいで,10m程度のものが多い。大規模な露天掘りでは数十段のベンチから成るものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

階段採掘法【かいだんさいくつほう】

階段掘りとも。露天掘りの代表的な方法。剥土(はくど)後,地表から1段の高さ4〜25m,幅10〜25mの階段状に鉱床の採掘を進めるやり方。大型機械,大型車両が利用でき,大鉱床を能率的に採掘できるが,地形,地質などが適合していることが要件。米国の銅・鉄鉱石の多くはこの方法で採掘され,ユタ銅山が特に有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の階段採掘法の言及

【露天掘り】より

…とくに,世界第3位の生産量をあげている石灰石鉱山のほとんどが露天掘りである。
[露天掘りの方式]
 露天掘りは鉱床の性状によって最も適した方式が採用されるが,今日では,鉱床の頂部から階段状に採掘場を作って掘り下げる階段採掘法がもっとも普遍的である。日本の石灰石鉱山の多くは,鉱床が山地にあるため,山腹に大型機械類の登攀(とうはん)路を作って鉱床の頂部に至り,表土石をはぎとってから,高さ10m,幅20m以上程度の採掘ベンチを作って掘り下げるものが多い。…

※「階段採掘法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android