長文(読み)ちょうぶん

  • ちょうぶん チャウ‥
  • ちょうぶん〔チヤウ〕
  • ながぶみ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 長い文。編章の長い文章。字数・語数の多い文章。
※去来宛芭蕉書簡‐元祿七年(1694)正月二九日「長文草臥候間、重而可申進候」
〘名〙 長い手紙。ながぶん。
※上井覚兼日記‐天正二年(1574)九月二日「当時世間色々雑説申散候、就夫義虎連々御心遣之由永文などにて御申上候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長文の関連情報