コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長石質白粒岩(読み)ちょうせきしつはくりゅうがん(英語表記)leptynite, leptinite

岩石学辞典の解説

長石質白粒岩

最初アウイが命名し,ブロニアールが注目した岩石名で,粒状の長石,雲母,石英からなる細粒の岩石[Hauy : 1813].白粒岩の一種で,鉱物成分が異なる部分が交互に重なり縞状構造を示すものをいう[渡辺編 : 1935, Roques : 1941].ギリシャ語のleptosは小さいの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android