門主(読み)モンシュ

大辞林 第三版の解説

もんしゅ【門主】

門跡寺院の住職。
一教団・一教派の長。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もん‐しゅ【門主】

〘名〙
① 寺格の高い門跡寺の住職
※保元(1220頃か)中「門主は故院の御仏事の為(ため)に、鳥羽殿へ御出ありけり」
② 真宗本願寺派で、管長をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の門主の言及

【法主】より

…近世から近代にかけて,法主は本山の住職や一派の管長を指すのが一般的になった。《考信録》には,法主の同義語として,宗主,法王,禅主,法王主,門主,門跡の呼称をあげ,その出典を示している。しかし一般には,法主は宗主,門主,門跡と区別されず,併用されることが多かった。…

※「門主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

門主の関連情報