コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺格 ジカク

世界大百科事典 第2版の解説

じかく【寺格】

寺院に等級を設けて格式を区別すること。古代では,官寺の内に大寺,国分寺,定額寺があった。平安朝に門跡寺院が生ずると,宮門跡摂家門跡准門跡,脇門跡などの寺格が生じ,またそれらの下に院家,准院家などが成立した。これらは,国家,朝廷における序列であるが,中世には,鎌倉・室町両幕府が臨済宗寺院を五山十刹,諸山,林下に区分したことから,諸宗派内部の序列・格式としての寺格が成立する。近世に各宗派教団が確立すると,この傾向は著しくなり,多様な寺格が制定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じかく【寺格】

寺院の格式。官寺・勅願寺・門跡・私寺、あるいは総本山・大本山・本寺・末寺など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寺格の関連キーワード辭・事・似・侍・児・兒・地・字・寺・峙・怩・恃・慈・持・時・次・治・滋・爾・璽・痔・磁・示・耳・自・辞・餌関東十刹・関東じっせつ五山・十刹・諸山法鏡寺廃寺跡下野薬師寺跡瑞泉寺境内比丘尼御所円教寺境内五山・十刹五山文学本末制度義堂周信朱印寺社善光寺跡寺院法度毘沙門堂東禅寺南禅寺永福寺雍和宮

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺格の関連情報