管長(読み)かんちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管長
かんちょう

仏教各宗派で宗門の行政をとりしきる主権者。明治5 (1872) 年6月に,明治政府が各宗に教導職管長を1名おき,宗派の取締りを行わせたことから始る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんちょう【管長】

仏教・神道で、一宗一派を管理・支配する代表者。1872年(明治5)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管長
かんちょう

日本の仏教各宗派において、宗門の行政を総理する主権者。1872年(明治5)各宗派の本山住職や神官のなかから教導職管長を1名置き、その宗派の取締りをさせることが制定された。1951年(昭和26)宗教法人法の制定により、宗派が包括宗教法人となると、管長はその法人の責任役員の推戴(すいたい)、互選によって定められた代表役員となり、責任役員会の決定に基づき宗務を行うことになった。選出方法、任期などは各宗派によって異なる。[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐ちょう クヮンチャウ【管長】

〘名〙 神道や仏教で、一宗一派を管理、支配する最高責任者。
※教部省第四号‐明治五年(1872)六月九日「自今各宗教導職管長一名を置一宗末派之取締向等別紙之通相達候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の管長の言及

【住職】より

…また,延暦寺は座主(ざす),園城(おんじよう)寺(三井寺)は長吏,東寺は長者,西大寺は長老,本願寺は法主(または門跡),東大寺,興福寺,法隆寺は別当,日蓮宗諸本山は貫主(かんじゆ)(貫首),近世の檀林などの宗学研鑚の寺では能化(のうけ),化主などと,その寺独自の呼称があった。そして,近代ではこれら大寺院は宗派を超えて管長と称すことも多い。前近代には,私寺の住職は先住の意志や檀家評定,官寺系の大寺では天皇綸旨や将軍公帖(こうじよう)で任命されることが多く,また由緒ある寺院では勅許で紫衣(しえ)が住職に許されることもある。…

※「管長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

管長の関連情報