コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門付芸 かどづけげい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

門付芸
かどづけげい

家々の門口を訪れて演じる芸能。もとは神が訪れて祝福を与えるという古代の信仰に発したが次第に宗教性が薄れ,中世以後,その神に扮する芸能人が単に芸を門口で見せ,金品を請うだけのものとなった。新春を主として季節的に訪れる万歳,節季候 (せきぞろ) ,鳥追い,厄払いなどと,季節に関係のない説経祭文 (さいもん) ,歌念仏ちょぼくれ,住吉踊,また音曲の流しなどがある。江戸時代はその種類も非常に多かったが,明治以降次第に衰え,近年は姿を消した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

門付芸の関連キーワード豊年こいこい節小正月の訪問者秋田大黒舞山形大黒舞三味線音楽間の山節琵琶法師越後獅子鉦たたき沖縄音楽願人坊主朝顔日記獅子舞箱回し旅芸人大道芸遊行人田植踊説経節門付歌

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android