門付芸(読み)かどづけげい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

門付芸
かどづけげい

家々の門口を訪れて演じる芸能。もとは神が訪れて祝福を与えるという古代の信仰に発したが次第に宗教性が薄れ,中世以後,その神に扮する芸能人が単に芸を門口で見せ,金品を請うだけのものとなった。新春を主として季節的に訪れる万歳,節季候 (せきぞろ) ,鳥追い,厄払いなどと,季節に関係のない説経祭文 (さいもん) ,歌念仏ちょぼくれ,住吉踊,また音曲の流しなどがある。江戸時代はその種類も非常に多かったが,明治以降次第に衰え,近年は姿を消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android