門田 正経(読み)カドタ マサツネ

20世紀日本人名事典の解説

明治期の新聞記者 大阪毎日新聞編集主幹。



生年
文久2年1月(1862年)

没年
大正13(1924)年12月8日

出生地
伊予国松山(愛媛県)

学歴〔年〕
慶応義塾

経歴
松山藩士・門田正業の二男に生まれ、明治11年慶応義塾に学ぶ。翻訳などに従事後、15年共立新聞を創立、のち山陰新聞主筆などを経て、17年矢野文雄の推挙により大阪毎日新聞の創立に参画し、21年入社、のち編集主幹を務めた。この間、稲垣満次郎らと南洋を視察し、南洋移民論を執筆、海外移民を奨励する。また台湾に遊び、日清戦争の頃は台湾併合を主張した。31年台湾協会の幹事となり、33年台湾協会学校(現・拓殖大学)の幹事を兼務し、42年幹事長に就任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android