閉回路粉砕(読み)へいかいろふんさい(英語表記)closed-circuit grinding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閉回路粉砕
へいかいろふんさい
closed-circuit grinding

粉砕の一方式粉砕機と分粒装置 (ふるい分け機械,分級機など) とを組合せて操業し,分粒装置の細粒側産物だけが最終産物となるように,粗粒側産物をその回路内で繰返し処理する粉砕方式。繰返しを行わない方式を開回路粉砕という。粉砕原料を所定粒度まで完全に砕き,しかも最適粒度をこえて細かくする過粉砕を避ける必要のあるときはこの方式が採用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android