コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閉回路粉砕 へいかいろふんさいclosed-circuit grinding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閉回路粉砕
へいかいろふんさい
closed-circuit grinding

粉砕の一方式。粉砕機と分粒装置 (ふるい分け機械,分級機など) とを組合せて操業し,分粒装置の細粒側産物だけが最終産物となるように,粗粒側産物をその回路内で繰返し処理する粉砕方式。繰返しを行わない方式を開回路粉砕という。粉砕原料を所定の粒度まで完全に砕き,しかも最適粒度をこえて細かくする過粉砕を避ける必要のあるときはこの方式が採用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android