閉蟄(読み)ヘイチツ

精選版 日本国語大辞典の解説

へい‐ちつ【閉蟄】

〘名〙
① 冬になって虫類が土中にこもること。冬ごもり。また、その頃。旧暦の一〇月上旬ごろ。〔医語類聚(1872)〕 〔春秋左伝‐桓公五年〕
② 隠居して、人とつきあわないこと。〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android