開列(読み)かいれつ

精選版 日本国語大辞典「開列」の解説

かい‐れつ【開列】

〙 書き連ねること。書き出すこと。
万国公法(1868)〈西周訳〉二「首として確定せる事項を開列するをとす」 〔桃花扇‐迎駕〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の開列の言及

【グラフ理論】より

… グラフを連結した成分に分け,それぞれの構造をさらに詳しく調べるためには,いくつかの基本的な概念が必要となる。連結グラフで,頂点がすべて偶点ばかりであるものを閉列,二つだけが奇点であとの頂点はすべて偶点であるものを開列,両者をあわせて列trainという。開列の奇点は端点である。…

※「開列」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android