コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開口合成法 カイコウゴウセイホウ

1件 の用語解説(開口合成法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいこう‐ごうせいほう〔‐ガフセイハフ〕【開口合成法】

二つまたはそれ以上のアンテナ望遠鏡を配置し、得られた電磁波干渉を解析することで、高い分解能の像を得る手法。一般に、分解能はアンテナや望遠鏡の口径に比例するが、この手法を用いると観測機器の間隔と同等の口径で得られる分解能を実現できる。電波望遠鏡電波干渉計)や合成開口レーダーSAR)などで利用される。合成開口法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開口合成法の関連キーワード電波望遠鏡反射望遠鏡屈折望遠鏡カセグレンアンテナ共通均衡併存多調平面アンテナホームアンテナ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone