コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開口合成法 カイコウゴウセイホウ

デジタル大辞泉の解説

かいこう‐ごうせいほう〔‐ガフセイハフ〕【開口合成法】

二つまたはそれ以上のアンテナ望遠鏡を配置し、得られた電磁波の干渉を解析することで、高い分解能の像を得る手法。一般に、分解能はアンテナや望遠鏡の口径に比例するが、この手法を用いると観測機器の間隔と同等の口径で得られる分解能を実現できる。電波望遠鏡電波干渉計)や合成開口レーダーなどで利用される。合成開口法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

開口合成法の関連キーワードライル(Martin Ryle)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android