開口高(読み)あぐちだか

精選版 日本国語大辞典「開口高」の解説

あぐち‐だか【開口高】

〘形動〙 あぐちを高く引きあげてはくさま。足袋、くつなどを、足首が隠れるように深くはくさま。
※幸若‐高たち(室町末‐近世初)「熊の皮のもみたび、しろかねにてへりかねやって、あくちたかにふむごうたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「開口高」の解説

あぐち‐だか【開口高】

[形動ナリ]開口を上の方へ引き上げて深く履くさま。
「断悪修善の脛当(すねあて)を―にしっかりとはき」〈浄・女護島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android