開口(読み)かいこう

精選版 日本国語大辞典「開口」の解説

かい‐こう【開口】

〘名〙
① ものを言ったり、笑ったりするために、口を開くこと。また、ことばを発すること。
※蔭凉軒日録‐延徳二年(1490)九月六日「崇寿院主出堺庄支証案文破葉室公。愚先開口云。始末院主可白云々。院主丁寧説破」 〔荘子‐盗跖〕
② 儀式的な演能で「翁(おきな)」に続く脇能(わきのう)の初めに、ワキが出て新作の祝いの小を発声すること。また、その謡。現在の楽では、一曲の最初の謡い出しをもいう。かいこ。くちあけ。
※習道書(1430)「先づ切初(さいしょ)に出て、開口(カイコウ)より、その題目のいはれを分明に云ひをさめて」
③ 製織の際、綜絖(そうこう)を上下に動かして、緯(よこいと)を打ち込みやすく杼道(ひみち)をつくること。

かい‐の‐くち【開口・貝かひ口・通かひ口】

〘名〙
和船の矢倉の左右側面に設ける出入口。近世の荷船では船体中央より艫(とも)寄りにあって、のような形状をしており、障子とで開閉される。軍船では総矢倉とするため、舳(おもて)寄りにも設ける場合が多く、両舷合わせて四か所とする。かよいのくち。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② (貝口) ⇒かい(貝)の口

あ‐ぐち【開口】

〘名〙 (「あきくち(開口)」の変化した語)
足袋、襪(しとうず)などの足をはき入れる口。
② 上くちびるが縦に裂けている、発達障害による奇形。兎唇(としん)。〔温故知新書(1484)〕

かい‐こ【開口】

〘名〙 =かいこう(開口)
風姿花伝(1400‐02頃)六「申楽(さるがく)、ほんぜつ正しくて、かいこよりその謂(いは)れと、やがて人の知る如くならんずるらい歴を書くべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「開口」の解説

かい‐こう【開口】

口を開くこと。ものを言い始めること。
外に向かって開いていること。「開口部の多い部屋」

㋐能で、1曲の最初の謡いだしの部分。かいこ。
中世猿楽で、最初に登場して祝賀を含めたこっけいな文句を述べること。能の形成に伴い、まじめなものとなった。開口猿楽
㋒中世の延年などの一芸で、こっけいな地口じぐちやしゃれを唱えたりする話芸的なもの。㋑を取り入れたものらしい。
㋓近世、幕府の大礼能や本願寺の礼能などの儀式的な演能で、脇能の初めにワキの役が新作の祝賀の文句を謡うこと。また、そのうたい

あ‐ぐち【開口】

《「あ(開)きくち(口)」の音変化》足袋・すね当て・などの、足を入れる口。

かい‐こ【開口】

かいこう(開口)2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「開口」の解説

かいこう【開口】

寺院延年において演ぜられた,言葉を主体とした芸能。その実態をよく伝えるのが1544年(天文13)書写の《多武峰(とうのみね)延年詞章》の開口7編で,それによればまず仏法の功徳などが述べられたあと,一定の題材に沿った洒落秀句が比較的長く語られ,最後に延年の場に来臨した諸衆を祝福するという形になっている。頭尾の祝言はまじめなものだが,それにはさまれた洒落や秀句の部分は相当に滑稽なものである。たとえば7編中の第5〈開口名所山々相撲之事〉についてみると,〈よき相手に逢坂山の,しやつと寄て取らんとすれば,耳なしの山なれば,取手にはぐれて勝負をも決せずして入佐の山もあり,また,取られじとて足引の山もをかしきに,はや鳥羽の秋の山は時雨をも待たで勝つ()色みえた〉といった具合に綴られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「開口」の解説

【開口】かいこう

ものをいう。〔戦国策、秦三〕(呉起連衡)を破り、從(合縦)を散じ、(ちぜい)(遊説)の士をして、其の口を開く(なか)らしむ。功已にり、(つひ)に(体解)せらる。

字通「開」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android