コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開頭術 かいとうじゅつcraniotomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開頭術
かいとうじゅつ
craniotomy

頭蓋の一部を弁状に開く手術。頭蓋内手術終了後に頭蓋骨弁を復旧する場合と,減圧の目的で骨弁を切除する場合とがある。脳腫瘍脳動脈瘤脳動静脈奇形脳内出血,脳外傷とそれに伴う頭蓋内血腫脳膿瘍,脳寄生虫症などで行われる。かつては頭皮を切開したのち,手回しドリルで数ヵ所に穴をあけ (穿頭) ,各穴の間を線鋸を通して切り,骨弁として開くことが行われてきた。近年は,電動ドリルや,さらに高速回転のエアタービン駆動のものが線鋸に代って用いられ,頭蓋骨を自由な形に切開できるので,能率が著しく向上した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいとう‐じゅつ【開頭術】

脳を治療するために、頭蓋骨を切開する手術法。脳手術。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

開頭術の関連キーワード定位放射線治療下垂体腺腫ホーズリー脳挫傷髄液漏キーン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開頭術の関連情報