閑眠(読み)かんみん

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐みん【閑眠】

〘名〙 心静かに眠ること。暇にまかせてのんびりと眠ること。かんめん。
※実隆公記‐明応五年(1496)一一月三日「終日炉下閑眠之外無他」 〔李商隠‐遇題詩〕

かん‐めん【閑眠】

〘名〙 (「めん」は「眠」の呉音) やすらかに眠ること。安眠。かんみん。〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android