コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機質土壌 ゆうきしつどじょうorganic soil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機質土壌
ゆうきしつどじょう
organic soil

土壌体中を通じて有機物含量の高い土壌。泥炭土黒泥土に大別される。主として植物の茎葉根の遺骸が集積して生成し,古い湖沼などの低湿地に分布する。局所的な土壌生成因子の影響を強く受けるために間帯土壌に属す。有機質含量は土壌の種類に応じてほとんど0~100%までの間にわたって連続的に分布しているため,鉱質土壌と有機質土壌を区別する有機物含量の値は統一されていないが,農学分野では含有量 10%以上を有機質土壌としている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

有機質土壌

有機質物質に富む土壌で,泥炭,湿地土,沼地土などが含まれる[U. S. Dept. Agriculture : 1938, Ollier : 1949].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

有機質土壌の関連キーワード間帯性土壌土壌汚染

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android