コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減圧蒸留 げんあつじょうりゅう

5件 の用語解説(減圧蒸留の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

減圧蒸留
げんあつじょうりゅう

(1) distillation under reduced pressure 蒸留装置内の圧力を下げて行う蒸留。真空蒸留ともいう。圧力を下げることによって沸点を下げ,低い温度ですみやかに蒸留することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんあつ‐じょうりゅう〔‐ジヨウリウ〕【減圧蒸留】

大気圧よりも低い圧力のもとで行う蒸留。沸点が低くなるので比較的低温で蒸留ができる。真空蒸留。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

減圧蒸留【げんあつじょうりゅう】

真空蒸留

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

げんあつじょうりゅう【減圧蒸留】

常温で蒸留すると分解してしまう物質や、常圧では高い沸点をもつ物質を、減圧により沸点を下げて蒸留する操作。有機化合物の分離などにしばしば利用される。真空蒸留。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

減圧蒸留
げんあつじょうりゅう
distillation under reduced pressure

大気圧以下の低い圧力の下で沸点を低下させて行う蒸留操作。真空蒸留ともよばれたが、これはあまり好ましくない。常圧下の蒸留では、沸点付近で分解、その他の化学変化をおこすおそれがある場合に行われる。実験室的には真空ポンプ拡散ポンプを用い、水銀柱0.001~1ミリメートル程度の減圧が使われる。工業的には石油精製における減圧蒸留が代表的で、石油は約450℃以上で熱分解をおこすため、沸点の高い潤滑油留分の精留や、常圧蒸留残油から接触分解原料油、間接脱硫原料油の分取などに広く適用される。工業的操作の真空の発生には、おもにスチームエジェクターとサーフェスコンデンサーまたはバロメトリックコンデンサーを組み合わせた装置(スチームの急冷凝縮による減圧発生を利用する)が使われ、水銀柱10ミリメートル以下の減圧が使われることが多い。[原 伸宜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の減圧蒸留の言及

【蒸留】より

…材質としては実験室用にはガラスが用いられ,工業的には主としてステンレス鋼が用いられるが,特別に腐食性の強い物質を取り扱う場合には,その他の材質たとえばガラスが用いられる。 操作圧力としては高圧蒸留(普通は数十気圧まで),常圧蒸留および減圧蒸留があり,減圧蒸留はさらに200mmHg程度までの減圧蒸留,1mmHg程度までの真空蒸留と10-1mmHg以下の分子蒸留とに分けられる。真空蒸留分子蒸留
[特殊な蒸留]
 石油は非常に多数の成分からなる混合物であるが,まずはじめに常圧蒸留塔に供給し,塔頂からはガスを,塔底からは重質残渣油を取り出し,塔の中間では上のほうから順にナフサ,灯油,軽油などを抜き出して製品を得ている。…

【真空蒸留】より

…温度が高くなると分解したり重合したりする物質を蒸留する際に用いられる蒸留法。一般に200mmHg以下の圧力で行う蒸留をいい,200mmHg以上の場合には減圧蒸留distillation under reduced pressureと呼んでいる。以前は一般に真空蒸留は単蒸留形式の回分蒸留が行われることが多かったが,最近では化学工業のファインケミカル化に伴って高度の精製分離が望まれることが多くなり,蒸留塔形式の連続蒸留が行われることが多くなってきている。…

※「減圧蒸留」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

減圧蒸留の関連キーワード発煙硫酸揮発硬膏ナク脂油地蝋ニトロゲン上面発酵固形脂シアノーゲン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

減圧蒸留の関連情報