減圧蒸留(読み)げんあつじょうりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

減圧蒸留
げんあつじょうりゅう

(1) distillation under reduced pressure 蒸留装置内の圧力を下げて行う蒸留。真空蒸留ともいう。圧力を下げることによって沸点を下げ,低い温度ですみやかに蒸留することができる。突沸を避ける工夫が必要である。 (2) vacuum distillation 常圧蒸留の残油 (常圧残油) を減圧下で蒸留し減圧軽油と減圧残油に分離する工程。減圧蒸留装置は,熱交換器加熱炉,減圧精留塔などから構成される。常圧残油は熱交換器で予熱され,加熱炉で 400℃ぐらいに加熱されて減圧精留塔に入り,減圧軽油を留出し,残油は塔底から抜き出される。減圧軽油は重油基材となるほか,接触分解用原料油,潤滑油などに使用される。減圧残油は重油基材,アスファルト製品となるほか,熱分解用原料油となり石油コークスの製造に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんあつ‐じょうりゅう〔‐ジヨウリウ〕【減圧蒸留】

大気圧よりも低い圧力のもとで行う蒸留。沸点が低くなるので比較的低温で蒸留ができる。真空蒸留。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんあつじょうりゅう【減圧蒸留】

常温で蒸留すると分解してしまう物質や、常圧では高い沸点をもつ物質を、減圧により沸点を下げて蒸留する操作。有機化合物の分離などにしばしば利用される。真空蒸留。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

減圧蒸留
げんあつじょうりゅう
distillation under reduced pressure

大気圧以下の低い圧力の下で沸点を低下させて行う蒸留操作。真空蒸留ともよばれたが、これはあまり好ましくない。常圧下の蒸留では、沸点付近で分解、その他の化学変化をおこすおそれがある場合に行われる。実験室的には真空ポンプや拡散ポンプを用い、水銀柱0.001~1ミリメートル程度の減圧が使われる。工業的には石油精製における減圧蒸留が代表的で、石油は約450℃以上で熱分解をおこすため、沸点の高い潤滑油留分の精留や、常圧蒸留残油から接触分解原料油、間接脱硫原料油の分取などに広く適用される。工業的操作の真空の発生には、おもにスチームエジェクターとサーフェスコンデンサーまたはバロメトリックコンデンサーを組み合わせた装置(スチームの急冷凝縮による減圧発生を利用する)が使われ、水銀柱10ミリメートル以下の減圧が使われることが多い。[原 伸宜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

げんあつ‐じょうりゅう ‥ジョウリウ【減圧蒸留】

〘名〙 蒸留装置内を減圧して、沸点を下げて蒸留すること。迅速に蒸留する場合や、常圧で沸点まで加熱すると分解する化合物に用いられる。真空蒸留。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

減圧蒸留
ゲンアツジョウリュウ
vacuum distillation

減圧下における蒸留.常圧蒸留で沸点まで加熱すると分解したり,不純物の熱分解で無色であるはずの留液が無色にならない場合,あるいは減圧下では不純物との沸点差が大きくなり精製が容易になる場合には,減圧蒸留が利用される.減圧蒸留装置を図に例示した.アスピレーターまたは真空ポンプを用いて減圧にしてマノメーター(圧力計)で減圧度を知る.蒸気の移動を助け,突沸を防ぐために毛管を入れておくのが普通である.

通常,3.3 kPa まで圧力を下げると,沸点は100~130 ℃ 降下し,圧力をさらに半分下げるごとに,沸点は約10 ℃ ずつ降下するといわれているが,簡便な減圧下の沸点換算表を利用すれば,沸点を予知することができる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の減圧蒸留の言及

【蒸留】より

…材質としては実験室用にはガラスが用いられ,工業的には主としてステンレス鋼が用いられるが,特別に腐食性の強い物質を取り扱う場合には,その他の材質たとえばガラスが用いられる。 操作圧力としては高圧蒸留(普通は数十気圧まで),常圧蒸留および減圧蒸留があり,減圧蒸留はさらに200mmHg程度までの減圧蒸留,1mmHg程度までの真空蒸留と10-1mmHg以下の分子蒸留とに分けられる。真空蒸留分子蒸留
[特殊な蒸留]
 石油は非常に多数の成分からなる混合物であるが,まずはじめに常圧蒸留塔に供給し,塔頂からはガスを,塔底からは重質残渣油を取り出し,塔の中間では上のほうから順にナフサ,灯油,軽油などを抜き出して製品を得ている。…

【真空蒸留】より

…温度が高くなると分解したり重合したりする物質を蒸留する際に用いられる蒸留法。一般に200mmHg以下の圧力で行う蒸留をいい,200mmHg以上の場合には減圧蒸留distillation under reduced pressureと呼んでいる。以前は一般に真空蒸留は単蒸留形式の回分蒸留が行われることが多かったが,最近では化学工業のファインケミカル化に伴って高度の精製分離が望まれることが多くなり,蒸留塔形式の連続蒸留が行われることが多くなってきている。…

※「減圧蒸留」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

減圧蒸留の関連情報