間無(読み)まなし

精選版 日本国語大辞典の解説

ま‐なし【間無】

〘名〙
① (形動) 絶え間がないこと。また、そのさま。ひっきりなし。
※軍隊病(1928)〈立野信之〉三「間無しの、扉の内部からの声に応ずる為めに」
② (「に」を伴って副詞的に用いる) さして時間が経過しないこと。まもなく。ほどなく。やがて。
※大阪の話(1934)〈藤沢桓夫〉四「さう言ふ事件があって間なしに、彼女は、〈略〉ダンス・ホールへ誘はれた」

ま‐な・し【間無】

〘形ク〙
① 隙間がない。
万葉(8C後)三・四二〇「枕辺に 斎瓮(いはひへ)を据ゑ 竹玉を 無間(まなく)貫き垂れ」
② 絶え間がない。
※万葉(8C後)一八・四〇三三「波たてば奈呉の浦みに寄る貝の末奈伎(マナキ)恋にそ年は経にける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間無の関連情報