間無し(読み)マナシ

デジタル大辞泉の解説

ま‐な・し【間無し】

[形ク]
すきまがない。
「灯台―・く立て」〈宇津保・祭の使〉
絶え間がない。間断ない。
「ぬき乱る人こそあるらし白玉の―・くも散るか袖のせばきに」〈伊勢・八七〉
時間をおかない。すぐである。
「―・く元のごとくに」〈浮・一代男・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まなし【間無し】

( 形ク )
絶え間がない。 「 - ・き恋にそ年は経にける/万葉集 4033
間を置かない。すぐである。程ない。 「 - ・くもとのごとくに/浮世草子・一代男 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android