コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間無し マナシ

デジタル大辞泉の解説

ま‐な・し【間無し】

[形ク]
すきまがない。
「灯台―・く立て」〈宇津保・祭の使〉
絶え間がない。間断ない。
「ぬき乱る人こそあるらし白玉の―・くも散るか袖のせばきに」〈伊勢・八七〉
時間をおかない。すぐである。
「―・く元のごとくに」〈浮・一代男・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まなし【間無し】

( 形ク )
絶え間がない。 「 - ・き恋にそ年は経にける/万葉集 4033
間を置かない。すぐである。程ない。 「 - ・くもとのごとくに/浮世草子・一代男 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間無しの関連キーワード浮世草子絶え間